自分の悩みを相談、解決してくれるお店が、信頼できる店です。

自分の悩みを相談、解決してくれるお店が信頼できるお店です。

 

 ・自分の周りに,着物のお手入れが出来る専門業者がいない。

   ・母の時代からお付き合いのあった呉服屋さんがなくなっている。

  ・近くの呉服屋さんに行ったが知識がなく、預けるのは心配だ。

           ・その店で買った物でないので相談しづらい。

 

 この様な悩みを持った、着物の大好きな方が路頭に迷っておられるみたいですね

 

私共のお客さんは、ほとんどの方が、ご紹介ですが、

参考までに、我社に相談に来られた方の、悩みベストテンです。

自分の悩み相談したい事を具体的に絞り込んでから相談をされることをお奨めします。

 

  1. 娘が18歳になった。自分の成人式の事を思い出した。ずっと抱き続けていた母親としての夢なんですけど私の振袖着てくれないかしら?着せられる方法は無いものかしら?
  2. 「お母さんの振袖を私は着たい」と娘言っているのですが、18歳前後から急に背が伸びて、身丈が足りないのではと心配しておりますが、どうにか出来ませんか?
  3. 私の振袖、娘に着せてやりたいのだけど、「色が嫌い」といっています。              娘の好きな色に染め替えは出来ない物でしょうか?
  4. 母が「一番高いのを買ってやったよ」と自慢して、着せてくれた私の振袖。私の不注意で、シミ、カビ、が付いてしまった。このままでは、娘に着せられない。母にも申し訳ない。親身に相談にのってくれる所はないかしら? 
  5. 気付いたら、自分も母と同じ年頃になってしまった。母から貰った着物を上手に着こなす方法は?
  6. 色々なブランドの洋服、一通り着てみたけど、これからは、「年を重ねるごとに自分らしさが表現できる着物のオシャレを学びたい」。タンスの中にある着物から着始めたい色、柄、帯、小物との組み合わせ、このままでいいのかしら?素敵な着こなし術を教えてもらえるところは
  7. 着物を着たくて、最近お茶の稽古を始めました。当然数が必要になってきます。派手になった着物を、茶席の雰囲気に合うように染め替えしてくれる所はないかしら?
  8. 私は、染め帯のほうが織りの帯より好き。ついつい気に入った帯ばかり締めるので、手垢が付いたり、色があせてきている。大好きな愛着のある帯だけに、まだ締めたい。何か良い方法はないものかしら?
  9. 着物愛好家の間では、長羽織がセンスアップのオシャレとして人気が出てきているらしい。自分の手持ちの着物からオリジナルの長羽織にリフォームできないものかしら?
  10. 着物好きな友達から、「私は危機一髪で助かったけど、貴方はタンスの中の着物大丈夫ね?」と言われ、早速調べたらシミ、カビが付いた物が何枚かあった。何から、どのように手をつけたら良いのか分からない・・・・・。

 

如何だったでしょうか?

私共のお客様のお悩みベストテンです。お着物のお手入れに関するお悩みがほとんどです。

皆様には、思い当たるような項目ありましたでしょうか?

色んな着物をお預かりし、精一杯の仕事をさせて頂き、お客様の大事なお着物をお返しする時、着物が甦るだけでなく、一枚の着物を通し家族の絆が甦ってくる感動を共有させていただき、この感動と、喜びが私共の仕事のエネルギーになっています。

 

 

芍薬カット.JPG<趣味で茶花「山芍薬」を育てました。ご一緒に楽しみたく紹介いたします>

信頼できる良心的な業者とは

自分の悩み、相談する事が決まったら 、次のことをチェックして下さい。

 1)着物が好きであるか?

   着物が好きであれば、何とかしてやりたいと言う気持ちが、言葉のはしは  

   し、態度に伺えます。

 2)着物を常日頃よく着ているか?

  毎日でなくても、日頃着物をよく着ていれば、着る人の気持が良くわかり、

  着物を着る立場から 説明できます。着る当事者の立場でアドバイス致しす。

  日頃、着物を着てない呉服屋さんのアドバイ スは、説得力がありますか?         

 3)ケチで有るか?

  奇怪なことのように思われるかもしれませんが見栄を張る事無く、等身大で、

  実直な姿勢で商売  をしている店は、決して、目から鼻に抜けるような、上手

  も言わないかもしれませんが、正直に対応してくれ、それ故に値もシビアで良

  心的な値段のはずです。

非常に、平凡なチェックポイントに思えたかもしれませんが、以上3点につきましては、本物であるか、本物を目指している店かを判断をする重要なポイントです。

次にチェックすべき所は、

 4)着物の知識が豊富であるか?
 5)着物リフォーム、メンテナンスの知識があるか?

 6)経験、体験、実績があるか?

  良いお医者さんは、学歴だけでは、評価されません。日々勉強、研究

  して、臨 床事例を沢山積み  重ねられたお医者さんが信頼されます。

  大事な着物を預ける立場では、当然のチェツクポイントで す。

だいたいイメージが出来上がってきたのではないでしょうか。

上記6点でほぼ充分かもしれません。

着物は、色一つをとっても洋服の色と微妙に違います。着物を通して家とのかかわりが出てきます。呉服屋さんとは、良く「孫子の代までのお付き合い」と言われている事を考えると、念の為次のようなこともチェックしていた方が良いと思います。

7)センスがあるか?

  いくらオシャレな、センスのある方であっても着物の色と、洋服の色は微妙に

  違います。いくら着物 の知識があっても、昔の生活環境、背景とは違います。

  ここらの調和を取り、的確なアドバイスが 出来るかどうかは、呉服屋さんの、

  センスです。着物は衝動買いするものではない、とおもいます。

 8)歴史があるか?

  その店の歴史もですが、仕入先、着物リフォーム、メンテナンスにかかわる職

  人さんにも歴史があ るかを確かめてください。歴史のあるところは、日々工夫

  努力してきた証でもあります。

 9)向学心、研究心、挑戦意欲があるか?

  着物の本場、京都に出張して、新しい知識、深い歴史を学び、お客様のその

  知識情報を提案して いるか? 「けちであるか?」をチェックポイントにあげた

  のは、節約したお金を、この様なことに 投資して、お客様に情報として、知識と

  して、センスに替えて還元することに繋がるからです。

 10)全てにわたり、お客様目線で対応してくれているか?

  目から鼻に抜けるような、上手な説明は出来なくても、本当に着物の好きに人

  であれば、その誠 意は伝わる物です。相談する人が、素人であれば、ある程

   、純粋に、素直に、その気持ちは伝わ ってくる物です。そのようなお店は、わ

  かりやすい言葉で自然体で、応対してくれると思います。

着物は衝動買いするものではないと思います。それ故に日頃より、お着物の手入れをしていただきたいものです。お金は上手に活かしてもらいたい物です。それ故に、早め早めの、お着物のお手入れをお奨めいたします。そしてお買い求めていただいた着物は、自信を持って、長く着ていただきたいからです。

上手に着こなす一番のポイントは、楽しい出会い、幸せな出会いで求めた着物でああるかどうかです。

▲このページのトップに戻る